ここからサイト内共通メニュー

ここから本文です。

犬の管理に関すること

Q1. うちの犬が逃げました。どうしたらいいでしょうか?

A1. 至急、市にご連絡ください。市に収容している犬や、犬を保護しているという方からの情報と照合しています。また、警察に保護されることもあるので、最寄りの交番にも届け出るほか、千歳保健所にも連絡しましょう。首輪に鑑札や注射済票をつけておくと、保護されたときに飼い主がすぐにわかります。

担当:市民環境部環境課

【関連リンク】犬の管理へ

Q2. 新たに犬を飼うことになったのですが手続きはありますか?

A2. 犬の所有者には、犬の登録と狂犬病予防注射が義務づけられています。

登録

飼い始めてから30日以内に登録が必要です。子犬は生後90日以内の犬を飼い始めた場合は、生後90日を経過した日から30日以内に届け出てください。一度登録すれば、生涯有効です。登録手数料は3,000円で、市役所及び各出張所で手続きできます。

狂犬病予防注射

生後91日以上の犬を飼っている場合は、毎年1回狂犬病予防注射を接種し、注射済票の交付を受けなければなりません。市外の動物病院でも接種できますが、注射済票は市役所及び各出張所で交付されます。注射済票交付手数料は550円です。


担当:市民環境部環境課

【関連リンク】犬の管理へ

Q3. 登録した犬の所有者や住所が変更になったときはどうすればよいですか?

A3.

市内(転入)の場合

市役所及び各出張所で手続きできます。登録手数料はかかりません。

市外(転出)の場合

北広島市で交付された鑑札を持って、新しく飼う場所の市区町村で手続きをします。登録手数料はかかりません。

担当:市民環境部環境課

【関連リンク】犬の管理へ

広告欄

この広告は、広告主の責任において北広島市が掲載しているものです。
広告およびそのリンク先のホームページの内容について、北広島市が推奨等をするものではありません。

  • バナー広告募集中 詳しくはこちらから

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る