ここから本文です。

6年生 租税教室

税理士の方に来校いただき、6年生を対象に「租税教室」が行われました。

内容は「税金はなぜ必要なのか?」
   「日本の財政はどうなっているの?」
   「公平に集めるって?」「公平に使うって?」
   「税金から見た民主主義」
と、大まかに5つの内容についてのお話でした。
6年生の児童も、楽しく税について学ぶことが出来たようです。

冒頭のお話で、今日の学習を通して学んでほしいことは、
「思いやり」と「私たちが主人公」であることと聞きました。
6年生は、社会科でも税についての学習があります。
理解をより深めて、学習や将来の生活に生かしていければ、と思います。

租税教室 租税教室
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る