ここから本文です。

防犯訓練

 8月17日(水)、「児童玄関から不審者が侵入し、校舎内を徘徊している」という想定で防犯訓練を実施しました。担任は児童の安全を確保するために、不審者が教室に入ってこないよう最大限の努力をすること、但し、不審者を刺激しないような対応をすること、そして職員室と内線電話で連絡を取り合い、最終的に職員室にいる教職員が不審者と対話しながら会議室に誘導し、閉じ込めるという流れでした。
 その後、全校児童が体育館に集まり、警察の方から『いかのおすし』とか、他に注意しなくてはならないことの話を聞きました。
 訓練の様子は交通安全ボランティアの方にもご覧いただき、最後に見守り活動への感謝の気持ちをお伝えしました。ボランティアの方からは「お互い元気よく挨拶をしましょう」と声をかけていただきました。
 児童下校後、教職員が「不審者侵入時の対応」について研修を行いました。

 

 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る