ここから本文です。

現在のページ

教育目標

                  

学校教育目標

「自分から」「学び 思いやり きたえる」子どもを育成する。

「みんなで」「学び 思いやり きたえる」子どもを育成する。
 

◇「学  び」(知)〔賢 く〕   高い志をもち 未来を拓く子ども

◇「思いやり」(徳)〔優しく〕   優しい心をもって 感性を磨く子ども

◇「きたえる」(体)〔たくましく〕 健やかな体で たくましく生きる子ども
 

****************************************************************

双葉小学校の教育目標の意味


○「自立」と「共生」

○「自分のよさを主体的に発揮する」

 ・個と集団に焦点を当てたものに
・学習指導、生徒指導等を含むすべての教育活動が向かうべきものに
 (学習する児童、指導する教師の意識が一つになるもの)
・児童、そして保護者、地域にとってもわかりやすいものに


自主性と積極性をもち、国際社会の変化に対応できる人間を育成する。
人間性豊かな思いやりと、社会性・協調性、感受性を育てる教育環境を実践する。

****************************************************************

 双葉小学校がめざす具体的な子ども像 

目指す子供像

学 び : ・学ぶ意欲をもち、自ら考えることができる子
      ・自分の思いや考えをのびのびと表現できる子
      ・人の話に耳を傾け、仲間と高め合える子

思いやり: ・人を思いやる挨拶や言葉遣いができる子
      ・互いに認め、励まし、協力し合う子
      ・ふるさとを愛し、自然や生き物を大切にする子

きたえる: ・進んで遊び、仲間と楽しく運動できる子
      ・心身ともに健康で、命を大切にできる子
      ・目標や夢にチャレンジし、たくましく生き抜く子


****************************************************************
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る