Fビレッジ内の施設や機能について

北海道ボールパークFビレッジでは、2023年の新球場開業に合わせ、フェーズ1として修景池周辺の「沢エリア」を主に開発していきます。
フェーズ1位置図
 
新球場「エスコンフィールド北海道」のほか、これまでに下記の施設や機能の整備が発表されており、2023年3月に向けて今後も随時発表されていく予定です。


キッズエリア

子どもたちが自由に思い切り遊ぶことができる空間で、屋内外の遊び場のほか、隣にはキッズフィールドが整備されます。

キッズエリア屋外のイメージ図

キッズエリア屋内のイメージ図

キッズフィールドのイメージ図
 

レジデンス

地上14階建ての、2棟の分譲マンションが建設されます。

レジデンスイメージ図

レジデンスイメージ図2
 

農園エリア

最先端技術を用いた農業学習施設が建設され、エリア内では収穫体験などができるほか、栽培された作物はFビレッジ内の各種料理で提供される予定です。
(画像提供:(株)クボタ)

農業学習施設イメージ図1

農業学習施設イメージ図2
 

認定こども園

幼保連携型施設「キッズラボ 北海道ボールパークFビレッジ 認定こども園」が2023年4月に開園します。病児保育も整備され、子どもたちが自由に安心して活動できる環境が整えられます。
(画像提供:kidslabo)
認定こども園イメージ図1

認定こども園イメージ図2
 

シニアレジデンス・メディカルモール(2024年開業予定)

沢エリアの外側、Fビレッジ南東の一角に、アクティブシニア向けの賃貸レジデンスが整備されます。メディカルモールやフィットネスも併設される予定です。
シニアレジデンス・メディカルモールイメージ図1

シニアレジデンス・メディカルモールイメージ図2


プライベートヴィラ

水辺越しにエスコンフィールドを望みながらサウナを楽しめたり、愛犬と一緒に楽しく過ごすことができるなど、各棟それぞれに嗜好を凝らした全9棟のプライベートヴィラが整備されます。
ヴィライメージ図1

ヴィライメージ図2
 

THE LODGE

近隣地域の魅力を発見できるアンテナショップのほか、アウトドアアクティビティなどを体験できるテナントが入居する商空間「THE LODGE(ザ・ロッジ)」が創られます。
ザ・ロッジのイメージ図1

ザ・ロッジのイメージ図2
 

詳細

詳しくは、北海道ボールパークFビレッジ公式サイトをご覧ください。

お問い合わせ先

企画財政部 ボールパーク推進室 ボールパーク推進課
電話:011-372-3311(代表)