ボールパーク建設の発表及び協定締結について

北海道北広島市における新球場建設を正式発表

「2023 PLAY BALL」のパネルを前に、左からHBP福田社長、日本ハム川村専務、北広島市長上野正三、北海道日本ハムファイターズ竹田社長
平成30年(2018年)11月5日(月)、日本ハム株式会社、株式会社北海道日本ハムファイターズ、株式会社北海道ボールパークより、「きたひろしま総合運動公園」において新球場を建設する旨の発表がありました。

1 名称

北海道ボールパーク(仮称)

2 建設予定地

北海道北広島市共栄(きたひろしま総合運動公園)

3 新球場の概要

【建設費用】約600億円 ※球場周辺外構部及び球場内設備・機器等を含む
【仕様】開閉式屋根 天然芝フィールド
【建築面積】約50,000平方メートル 
【延べ面積】約100,000平方メートル
【収容人数】約35,000人
【構造】RC造 S造
【階数】地下1階、地上4階

4 施主と発注先

【施主】日本ハムグループを主体とした新球場保有・運営会社(2019年秋設立予定)
【PM・CM】山下PMC
【発注先】大林組グループ(大林組社、HKS社) ※設計施工一体型発注

5 建設スケジュール(予定)

【2018年11月】基本設計及び実施設計期間
【2020年春頃】建設着工
【2023年1月】竣工
【2023年3月】開業

6 コンセプト

“北海道のシンボル”となる空間を創造する』
食とスポーツを有機的に融合させることで健康を育み、道民・市民・ファンの皆様が愛着と誇りを持てる施設を目指します。

 
2023 PLAY BALL の文字と新球場の完成予想図

北海道北広島市における新球場建設を正式発表|北海道日本ハムファイターズ(外部リンク)より抜粋
 

協定締結

協定書を中心に持ち、左からHBP福田社長、日本ハム川村専務、高橋はるみ北海道知事、北広島市長上野正三、北海道日本ハムファイターズ竹田社長

北海道、北広島市、北海道日本ハムファイターズ、北海道ボールパークの4者は、新球場による地域活性化効果を全道へ波及させ、北海道のスポーツ振興に向けて相互に連携、協力しながら協働事業に取り組むため、協定を締結いたしました。

連携・協力事項

基盤整備関係

  1. アクセス道路の整備
  2. 鉄道等の輸送力の強化
  3. 都市計画変更等の手続き

地域活性化関係

  1. ボールパークを活用したスポーツ振興
  2. ボールパークを活用した地域振興
  3. ボールパークを活用した観光振興
  4. 道産食材の活用
  5. 防災拠点等の活用

お問い合わせ先

企画財政部 ボールパーク推進室 ボールパーク推進課
電話:011-372-3311(代表)