ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市ボールパーク特設サイト ここから本文です。

現在のページ

オール北海道ボールパーク連携協議会を開催しました

第2回オール北海道ボールパーク連携協議会

昨年7月に開催した第1回会議でテーマを設定した「食の魅力提供」「周遊策」「スポーツ・人づくり」「交通」の各分科会及び圏域連携勉強会の協議経過やボールパークエリア及び新球場に関する進捗状況の共有、本協議会の推進状況における意見交換をメインとしたオール北海道ボールパーク連携協議会の第2回会議を開催しました。

開催日

令和2年(2020年)2月25日(火)

開催場所

北広島市芸術文化ホール活動室1・2

構成団体

北海道、札幌市、小樽市、苫小牧市、江別市、千歳市、恵庭市、石狩市、当別町、南幌町、由仁町、長沼町、栗山町、白老町、新篠津村、北海道警察本部、札幌方面厚別警察署

北海道旅客鉄道株式会社、北海道中央バス株式会社、ジェイ・アール北海道バス株式会社、札幌観光バス株式会社、千歳相互観光バス株式会社、東日本高速道路株式会社北海道支社、株式会社大林組札幌支店、株式会社電通

北海道大学(宮脇淳教授)、北海学園大学(鈴木聡士教授)

国土交通省北海道開発局(オブザーバー)、国土交通省北海道運輸局(オブザーバー)、経済産業省北海道経済産業局(オブザーバー)

北広島市(事務局)、株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント(事務局)

内容

  1. 開会・挨拶
  2. 北海道日本ハムファイターズ 新球場・ボールパーク進捗報告
  3. 協議会の進捗状況について
  4. 意見交換
  5. 閉会

開会・挨拶

上野市長挨拶
開会にあたり、北広島市長である上野正三から「春からの新球場建設や道路整備など、工事が本格化していく中で、各種行政機関や近隣自治体、企業等との連携により各分科会などにおいても具体的な協議が進んでおり、今回から参画する白老町も含め、本協議会の価値や機会を広く共有することで、さらなる広域連携を図っていきたい」など、出席者の皆様へご挨拶いたしました。

川村社長挨拶
株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントの川村浩二代表取締役社長からは、「本協議会設立後、約半年が経過し、交通アクセスに関する道路整備や鉄道輸送などの協議も前進しており、各分科会においても、圏域自治体や企業が連携する新しい価値として、具体的な活動を一つでも多く実施していきたい」など、出席者の皆様へご挨拶いただきました。

北海道運輸局佐藤部長挨拶
事務局からの挨拶後、北海道、各オブザーバーの皆様からもコメントをいただき、昨年10月からオブザーバーとして参画している北海道運輸局の佐藤交通政策部長からは、「移動手段の確保や観光の面からも連携していきたい」など、お話しがありました。

白老町戸田町長挨拶
今回から参画する白老町の戸田町長からは、「ウポポイの開業を控える中で、ボールパークとの連携も重視しており、観光・文化・食など多様な連携をしていきたい」など、出席者の皆様へご挨拶いただきました。

北海道日本ハムファイターズ 新球場・ボールパーク進捗報告

三谷副本部長説明
ファイターズ スポーツ&エンターテイメント事業統轄本部三谷副本部長からは、新球場及びボールパークエリアの開発について、開業後の2023年から2026年までをフェーズ1とし、自然やアクティビティなどをキーワードに計画を進めていくことや、エリア全体の名称「北海道ボールパークFビレッジ」の由来や新球場の名称「エスコンフィールドHOKKAIDO」などについて、紹介がありました。

協議会の進捗状況について

川村部長説明
北広島市企画財政部長兼ボールパーク推進室長の川村より、「食の魅力提供」「周遊策」「スポーツ・人づくり」「交通」の各テーマにおける分科会の進捗状況や2020年の展開についてそれぞれ説明し、食の魅力提供分科会においては、ファイターズグルメイベントとの連携、スポーツ・人づくり分科会においては、教育的要素を取り入れた球場への招待事業の実施など、2020年に実施予定の具体的な取組について報告しました。
前沢本部長説明
ファイターズ スポーツ&エンターテイメント事業統轄本部前沢本部長からは、交通分科会におけるバス輸送の検討状況について、今後はバス輸送検討会により、JR北広島駅及び新札幌駅とボールパークエリア間、地区間バス輸送に関して、一括して検討する方針について報告がありました。

意見交換

意見交換の様子
出席者の皆様から、具体的な各種取り組みが開始となる2020年度に向けて、それぞれご挨拶をいただきました。
近隣市町村からは、ボールパークを通じた食や観光における地域資源の利活用、関係機関からはアクセスインフラの整備に伴う周遊策がキーワードになるといった意見が多く出ており、より具体的な協議が進んでいる中で、それぞれにおけるボールパーク構想の実現に向けた思いを共有しました。
 

第1回オール北海道ボールパーク連携協議会

新たな「北海道のシンボル」を目指すボールパークを通じ、道内各地の活性化を実現するため、近隣市町村や関係機関、企業、学識経験者等の参画により、オール北海道体制によるボールパーク構想の実現を図ることを目的としたオール北海道ボールパーク連携協議会の、第1回会議を開催しました。

開催日

令和元年(2019年)7月9日(火)

開催場所

北広島市芸術文化ホール活動室1・2

構成団体

北海道、札幌市、小樽市、苫小牧市、江別市、千歳市、恵庭市、石狩市、当別町、南幌町、由仁町、長沼町、栗山町、新篠津村、北海道警察本部、札幌方面厚別警察署

北海道旅客鉄道株式会社、北海道中央バス株式会社、ジェイ・アール北海道バス株式会社、札幌観光バス株式会社、千歳相互観光バス株式会社、東日本高速道路株式会社北海道支社、株式会社大林組札幌支店、株式会社電通

北海道大学(宮脇淳教授)、北海学園大学(鈴木聡士教授)

国土交通省北海道開発局(オブザーバー)

北広島市(事務局)、株式会社北海道日本ハムファイターズ(事務局)、株式会社北海道ボールパーク(事務局)

内容

  1. 開会・挨拶
  2. 出席者紹介
  3. オール北海道ボールパーク連携協議会の設立について
  4. 新球場・ボールパークの進捗と今後のディスカッションテーマについて
  5. 意見交換
  6. 閉会

開会・挨拶

市長挨拶の様子
本協議会の設立にあたり、北広島市長である上野正三から、「2023年の新球場開業に向けて、より広域な連携体制のもと、ボールパーク構想における情報共有や観光、スポーツ振興、交通などに関する各分科会を通じ、北海道の価値魅力向上につながる取り組みを推進していきたい」など、出席者の皆様へご挨拶いたしました。

川村球団社長挨拶の様子
株式会社北海道日本ハムファイターズの川村浩二代表取締役社長からは、「ボールパーク構想の実現は企業理念であるスポーツ・コミュニティの具現化でもあり、関係機関や事業パートナーなど、より多くの皆様に協力いただきながら、『共同創造空間』としてボールパークを創り上げていきたい」など、出席者の皆様へご挨拶いただきました。

浦本副知事挨拶の様子
浦本北海道副知事からは、昨年11月に締結した連携協定(北海道日本ハムファイターズ・北海道ボールパーク・北広島市・北海道)に基づき、ボールパークを通じたスポーツ振興や観光振興につながる取り組みを推進していきたいことや、本協議会の発足によりボールパークがもたらす価値や魅力が道内各地に広がっていくことへの期待など、出席者の皆様へご挨拶いただきました。

オール北海道ボールパーク連携協議会の設立について

川村企画財政部長による説明の様子
北広島市企画財政部長兼ボールパーク推進室長の川村より、本協議会設立の目的や理念、新たな北海道の目的地となるボールパークをツールとした連携方策の探求など、圏域連携勉強会において導かれたキーワードでもある「BPエリアの活用」「周遊策」「食」「スポーツ・人づくり」「交通」の各テーマにおける分科会等を通じて、ぞれぞれが抱える諸課題の解決を図っていくことなど、今後の方向性について説明しました。

ボールパーク・新球場の進捗と今後のディスカッションテーマについて

三谷副本部長による説明の様子
北海道日本ハムファイターズ執行役員事業統轄本部三谷副本部長からは、2023年の新球場開業に向けて、将来の開発イメージを含めながら、現在、新球場の設計を進めていることなど、ボールパーク・新球場に関する進捗状況について説明がありました。
また、今後実施予定である5つの分科会におけるアイデアとして、道産食材にフォーカスしたエリアの形成や観光・食・アクティビティなどのインフォメーション機能の構築、ボールパークから道内各地の周遊につながる体験イベントの充実など、エンターテイメント施設に限らず、観光資源・情報発信の基地となるような、新たな北海道の価値魅力創造に向けて、今後協議していきたいとの提案がありました。

意見交換

 意見交換の様子
出席者の皆様から、2023年の新球場開業に向けて、それぞれご挨拶をいただきました。
近隣市町村や関係機関からは、ボールパークと連携したまちづくりやアクセスインフラの整備に向けた思い、企業や学識経験者からは、来場者の喜びや安心につながる取り組みの重要性などが語られ、北海道のシンボルを目指すボールパーク構想の実現に向けたそれぞれの期待や思いを共有しました。

福田社長挨拶の様子
意見交換の最後には、株式会社北海道ボールパークの福田代表取締役社長から、「ボールパークがもたらす価値を近隣市町村のみならず、道内各地へ波及させていくことで、北海道全体の成長・発展に寄与したいと考えていることから、より一層のご支援をいただきたい」と、出席者の皆様にご挨拶いただきました。

今後について

 集合写真撮影の様子
本日の協議会開催を経て、新たな広域連携のスタートとなり、今後、ボールパーク構想に関する情報共有や各分科会による協議を通じて、北海道の価値魅力向上、成長・発展に寄与する取り組みをさらに推進してまいります。

問い合わせ先

企画財政部 ボールパーク推進室 ボールパーク推進課
電話:011-372-3311(代表)

ボールパーク構想

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る