ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市に住みたくなるWEBサイト ここから本文です。

現在のページ

きたひろ家族の写真コンテスト表彰式を行いました!

きたひろ家族の写真コンテスト受賞作品が決定

平成30年(2018年)11月21日(水)に応募作品の審査会を開催し、最優秀賞1作品、優秀賞1作品、新婚夫婦賞1作品、ISHIYA賞1作品および入賞6作品を決定しました。
 

 表彰式

平成30年12月14日(金)17時30分より、エルフィンパーク交流広場にて、「きたひろ家族の写真コンテスト」表彰式を開催しました。

表彰式では、最優秀賞の小倉様をはじめ、各受賞者の方々へ上野市長から表彰状と賞金・賞品を授与しました。
当日は天候の影響で冷え込みましたが、受賞者の方とお子さまが一緒に表彰状を受け取る姿にほっこりする場面もありました。

また、多くの市民の皆さんの目に触れる機会として、表彰式終了後から12月16日(日)まで、受賞作品の展示を行いました。
1月にもエルフィンパーク交流広場および市役所5階市民ギャラリーにて展示を予定しておりますので、楽しみにお待ちください!
 
きたひろ家族の写真コンテスト表彰式での記念撮影写真
 

受賞作品

最優秀賞…「希望」

小倉 靖子様 
最優秀賞「希望」の画像
【メッセージ・コメント】 
北広島さんぽまち(団地地区)を一望できる竹葉公園で、家族・子どもの明るい未来を望む。

 

優秀賞…「家族」

鴫原 悠人様
優秀賞「家族」の画像
【メッセージ・コメント】 
自宅近くの高台の公園を散歩していて、上まで登ると秋晴れで景色も良かったので撮影しました。

 

新婚夫婦賞…「はじまりのばしょ」

菊池 ゆり様
新婚夫婦賞「はじまりのばしょ」の写真
【メッセージ・コメント】 
大学生の時に今の旦那さんに告白された場所です(その時は付き合いませんでしたが)
その後ご縁があり、旭川と北広島の遠距離恋愛を経て、今年結婚しました。
今は大好きな北広島で2人暮らしを始めたところです。
夫婦になってこの道を歩くとは思いませんでした!
いまの幸せのきっかけとなる場所なので選びました。

 

ISHIYA賞…「ひいばぁと、ばばと、僕。」

白井 理佳様
イシヤ賞「ひいばぁと、ばばと、僕。」の画像
【メッセージ・コメント】 
ひいばあちゃんの施設にひ孫が訪ねて来た時の様子。
久しぶりの再会で、みんないい笑顔です。

 

入賞…「桜の下の祖父と孫」

池田 朱美様
入賞「桜の下の祖父と孫」の画像
【メッセージ・コメント】
夫は数年前に脳の病気をしてから、普段は孫ともケンカが多いのですが、綺麗な桜の中では珍しく仲良く歩く二人の姿に心が和みました。
北広島の豊かな自然の中では、皆の気持ちも穏やかになりますね。

 

入賞…「新緑を駆け抜けて」

寺下 振一郎様
入賞「新緑を駆け抜けて」の画像
【メッセージ・コメント】
息子と散歩をするのによく通る道です。
鮮やかな新緑と、息子の成長の過程が感じられる写真だったので応募しました。

 

入賞…「男二人でお留守番」

松居 大輝様
入賞「男二人でお留守番」の画像
【メッセージ・コメント】
妻が出かけ、初めて父と子2人だけでお留守番をしました。
いつも家族で行く近所の公園で、自然をバックに撮って、妻にお留守番順調の報告をした一枚です。
 

入賞…「我が家の休日」

笹部 亮平様
入賞「我が家の休日」の画像
【メッセージ・コメント】
写真の場所は景色が綺麗で家族でよく訪れる公園です。
夫婦共々、北広島で育ち北広島で出会いました。
娘はもうすぐ妻と同じ小学校に通う予定です。
北広島は公園も多く、子供を育てるには最高の環境だと思います。
娘が大きくなっても、この景色がずっとあると良いなと思い撮影しました。
 

入賞…「9.6 ブラックアウト」

小池 久美子様
入賞「9.6 ブラックアウト」の画像
【メッセージ・コメント】
じしんがくれた、静かな時
ローソクかこんで
いつまでもぺちゃくちゃ
らいねんもこんな日つくろうか
 

入賞…「北広島市に永住決意!ここが私の宝の地区」

安藤 順広様
入賞「北広島市に永住決意!ここが私の宝の地区」の画像
【メッセージ・コメント】
北広島市に住宅を購入し、近隣の方々と友好を広げている。
引っ越した日からこの地区に温かく迎え入れてくれ、そして震災の直後、近隣の方と助け合い、そして励ましあった。
ここが私たちの住む宝の地区。そして私たちのそばに住む宝の住人の皆様。
ここ以上に良い場所は無い。自慢の地区です。
 

協賛

当コンテストは、石屋製菓株式会社さまにご協賛いただき、ISHIYA賞として「白い恋人36枚入オリジナル缶」をご提供いただきました!

白い恋人36枚入オリジナル缶」(外部ページにリンクします。)

問い合わせ先

企画財政部 政策広報課
電話:011-372-3311(代表)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る