ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市に住みたくなるWEBサイト ここから本文です。

1873米革命

1873米革命

明治4年、現在の北広島市島松の地に入植した中山久蔵さんは、「赤毛」という種もみを使い、当時は不可能とされていた道南以北での米作りに挑みました。

久蔵さんは、風呂の湯を昼夜苗代に流し込み、川の水を温めて田圃に引き入れ、明治6年(1873年)、ついに米の収穫を得ることに成功しました。

これはまさに米革命であり、今や全国的なブランドとなった「ななつぼし」や「ゆめぴりか」も、全て赤毛の子孫にあたります。
 

「知ってた?きたひろ」一覧へ

問い合わせ先

企画財政部 政策広報課
電話:011-372-3311(代表)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る