北広島市教育委員会

旧島松駅逓所(国指定史跡)

旧島松駅逓所の写真駅逓所は、駅舎と人馬を備えて、宿泊と運送の便をはかるため設置されたもので、開拓期の北海道で重要な役割を果たしました。
島松駅逓所は明治6年(1873年)、札幌本道(現在の国道36号)の開通に伴い設置されたもので、明治17年(1884年)からは、市内の島松に入植して寒地稲作の父とうたわれた中山久蔵が経営にあたっていました。
この駅逓所は、クラーク博士が帰国の途中に立ち寄り「青年よ大志をいだけ」という名言を残した舞台となり、また、明治14年(1881年)には明治天皇本道ご巡幸の際の行在所ともなりました。 昭和59年(1984年)国史跡に指定され、当時の駅逓所の構造を残す建築物としては道内最古のものです。

桜が咲く春の旧島松駅逓所の写真 春の旧島松駅逓所

紅葉の秋の旧島松駅逓所の写真 秋の旧島松駅逓所
 

所在地

北海道北広島市島松1番地1

開館期間

4月28日~11月3日

開館時間

10時~17時

休館日

月曜日(祝日を除く)
※ただし、月曜日が祝日の場合はその直後の平日が休館となります。

入場料 小・中学生 100円 (団体割引70円)、 大人 200円 (団体割引150円)


※団体割引は20名以上
PDF史跡旧島松駅逓所観覧料減免申請書 (11.9KB)

ライトアップ事業

平成29年(2017年)夏のライトアップについては、PDFちらし (460.1KB)をごらんください。

平成28年(2016年)秋のライトアップの様子です。 
秋のライトアップの島松駅逓所の写真

交通機関のご案内

国指定史跡旧島松駅逓所、クラークの碑、寒地稲作発祥の地までの交通機関の案内図
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

教育部 エコミュージアムセンター
電話 011-373-0188