ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

現在のページ

第4回小中一貫教育支援事業担当者会議を開催しました。

 平成31年(2019年)3月4日(月)、市役所会議室で今年度第4回目の小中一貫教育支援事業担当者会議を開催しました。(前回の様子については、「第3回小中一貫教育推進会議を開催しました」をご覧ください。)
 今回の会議は、2年間の事業の総括となるもので、小中一貫教育支援事業※の指定校となっている、東部小学校、北の台小学校、東部中学校の小中一貫教育担当者や北海道教育庁職員、石狩教育局職員、市教育委員会事務局職員が、3学期の取組や2年間の事業の実施報告などを行いました。
 報告の中では、他学年の学習と関連付けた年間指導計画(英語)やCan-doリストなどを作成し、来年度は全市の教育活動に生かしていくことや、定期的な乗り入れ授業を行うことによって、学校同士のつながりが強くなり、他の取組も進んで行うことができたことなどが発表されました。また、市教委から、乗り入れ授業を受けた小学生のアンケート結果では、肯定的な回答がほとんどを占めていることを説明しました。
 来年度からの取組については、工夫をしていかなければならない部分がありますが、まずは、本事業を通して、教員、児童生徒の両方が小中一貫教育による成果を実感できたのではないでしょうか。

※小中一貫教育の導入時に、道より支援を受けることができる事業で、昨年度に引き続き、東部中学校に職員1名が加配されています。石狩教育局管内では、東部中学校区の東部小学校、北の台小学校、東部中学校のほか千歳市の小・中学校(一部)が指定を受けています。

【会議の様子】
会議の写真

 

問い合わせ先

教育部 小中一貫・教育施策推進課
電話:011-372-3311(代表)

東部中学校区

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る