ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

現在のページ

西部中学校で小中学生が合同体力テストを行いました。

平成30年(2018年)6月21日(木)、西部中学校で西部中学校の2年生と西部小学校の5年生が、今年度で3回目となる合同体力テストを行いました。
はじめに中学生の代表が壇上に上がって、お手本となって皆で体操をし、その後は、反復横とび、立ち幅跳び、20メートルシャトルランなどの種目に挑戦しました。中学校の体育専科の先生が、反復横とびや立ち幅跳びをする際に基本となる「パワー・ポジション」という姿勢を紹介したのち、中学生が小学生にその姿勢を個別に教えました。
20メートルシャトルランを行った際には、最後まで残っている中学生に向かって、小中学生が皆で大きな声を出して、応援している姿が印象的でした。中学生にとっては、年上としての役割を担う機会となり、また、小学生にとっては、体育の専門の先生から指導を受ける機会となるとともに、中学生の姿を見て、刺激を受けているようでした。

西部中学校のホームページでも、取組の様子を紹介しています。

合同体力テストの様子

合同体力テストの写真1

合同体力テストの写真2

問い合わせ先

教育部 小中一貫・教育施策推進課
電話:011-372-3311(代表)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る