ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

現在のページ

市内小中学校4箇所の煙突用断熱材の調査結果について

先に調査を実施し公表しました、広葉中学校体育館ボイラー用煙突以外の、石綿を含む断熱材を使用している可能性がある煙突4箇所(東部小学校校舎、大曲小学校体育館、東部中学校体育館、大曲中学校校舎)につきまして、昨年末に、専門業者による石綿含有分析、煙突内部の劣化診断、大気中の石綿粉塵濃度測定(ボイラー稼働時)を実施しました。
それぞれの結果が判明しましたので、お知らせします。

調査結果

総括

4箇所のボイラー用煙突全てに石綿の含有が確認され、一部劣化がある状態となっていました。また、気中濃度は全施設において下限値(0.2未満f/L(ファイバーパーリットル))を示しており、空気中の石綿粉塵濃度には異常はありませんでした。

施設ごとの一覧

測定結果
学校名 測定日 石綿含有 劣化診断 気中濃度
東部小
(校舎)
平成28年(2016年)12月24日 含有
クリシタイル
アモナイト
一部劣化あり 0.2未満f/L(ファイバーパーリットル)
大曲小
(体育館)
平成28年12月25日 含有
クリシタイル
アモナイト
一部劣化あり 0.2未満f/L(ファイバーパーリットル)
東部中
(体育館)
平成28年12月24日 含有
クリシタイル
一部劣化あり 0.2未満f/L(ファイバーパーリットル)
大曲中
(校舎)
平成28年12月26日 含有
クリシタイル
アモナイト
一部劣化あり 0.2未満f/L(ファイバーパーリットル)
 

今後の対応

教育委員会では、今後も継続して定期的な点検を実施していきます。
また、改修等の対応については、大規模改修等の計画に合わせて実施する予定としています。
 

問い合わせ先

教育部 教育総務課
電話:011-372-3311(代表)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る