ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

現在のページ

旧島松駅逓所(国指定史跡)

駅逓所について

駅逓所(えきていしょ)とは、交通不便の地に駅舎と人馬を備え、宿泊や人馬の継立、運送などの便をはかるために設置されたものです。
その起源は江戸時代に松前藩によって置かれたのが始まりで、明治以降も継続して設けられ、開拓期の北海道の交通や運送において重要な役割を果たしました。
かつては北海道内に延べ六百十数か所の駅逓所がありましたが、昭和22年(1947)に駅逓制度が廃止されると次第にその姿を消し、現在ではほとんど残存していません。

島松駅逓所と中山久蔵

島松駅逓所は、明治6年(1873)に札幌本道(現在の国道36号)の開通に伴い、官設駅逓所として島松川の右岸(胆振国千歳郡島松村)に設置されたのが始まりです。初代取扱人は勇払場所の総支配人でもあった山田文右衛門でした。
明治17年からは、北広島市島松に入植し寒地稲作の父と称された中山久蔵が4代目の駅逓取扱人となり、明治30年の島松駅逓所廃止までその経営にあたりました。

歴史の舞台としての駅逓所

明治10年、札幌農学校の教頭であったW.S.クラークは、9か月の任期を終え米国に帰国する際に中山久蔵宅に立ち寄り、「Boys, be ambitious(青年よ、大志を懐け)」という名言を残しました。また、明治14年には明治天皇本道御巡幸の際の行在所(あんざいしょ)ともなりました。昭和59年には国史跡に指定され、駅逓所としては道内最古のものです。

大正期の旧島松駅逓所
明治、大正頃の旧島松駅逓所

桜が咲く春の旧島松駅逓所の写真
現在の旧島松駅逓所
 

所在地

北広島市島松1番地1

開館期間

4月28日~11月3日(毎年)

開館時間

10時~17時

休館日

月曜(月曜が祝日の場合、直後の平日)

入場料

大人 200円 (団体割引150円)、小・中学生 100円 (団体割引70円)
※団体割引は20名以上です。
※小学校及び中学校が教育活動において観覧する場合や、市内在住の65歳以上の方の観覧は、入場料が免除となる場合があります。詳しくは、下記までお問い合わせください。
PDF史跡旧島松駅逓所観覧料減免申請書 (11.9KB)

ライトアップ事業

「2018年旧島松駅逓所ライトアップ」について
平成30年度の旧島松駅逓所のライトアップにつきましては、10月13日(土)から10月21日(日)の開催を予定していましたが、9月6日(木)に発生した北海道胆振東部地震による電力需給状況などを考慮し、中止としました。
2019年島松駅逓所ライトアップについて
2019年度のライトアップは、夏(7月20日~7月28日)と秋(10月12日~10月20日)の二度を予定しています。詳細については、後日ホームページに掲載します。

旧島松駅逓所通常ライトアップの様子
通常のライトアップの様子

旧島松駅逓所ライトアップの様子
特別ライトアップの様子
(未来へつなぐ米の歴史発信事業「コメフェスinきたひろ」2018年)


旧島松駅逓所ライトアップの様子
特別ライトアップの様子
(未来へつなぐ米の歴史発信事業「コメフェスinきたひろ」2018年)

 

交通機関のご案内

旧島松駅逓所までのアクセス図
  • 自動車の場合、道央自動車道北広島インターチェンジから国道36号線を千歳方向へ8キロメートル、約15分、輪厚スマートインターチェンジから国道36号線を千歳方向へ5キロメートル、約10分。
  • バスの場合、北海道中央バス札幌ターミナルから千歳駅間の急行千歳線(里塚中央経由)乗車、島松ゴルフ場または島松沢で下車、徒歩約10分。
  • JRの場合、千歳線北広島駅から自動車で約20分、島松駅から自動車で約10分。
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

問い合わせ先

教育部 エコミュージアムセンター
電話 011-373-0188
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る