ここからメインメニュー

サイト内共通メニューここまで

北広島市教育委員会ホームページ ここから本文です。

寒地稲作発祥の地

中山久蔵翁 明治4年、北広島がまだ原野でおおわれていた頃、島松沢にひとりの男がやってきました。 この人こそ、当時北海道の道南より北では不可能とされていた米づくりにチャレンジした、中山久蔵だったのです。久蔵は、「赤毛種」と呼ばれる寒さに強い稲の試作をはじめ、水温を一定に保つため昼夜を問わず管理し、まさに執念ともいえる苦労を重ね、ついに発芽に成功しました。 明治6年の秋には反当り345kgの米を収穫。北海道の米づくりの夜明けとなりました。 その後も、開拓移民に種もみを無償で配布、ここから全道に米づくりが広がっていったのです。
【参考】北海道米紀行(2003年、寒地稲作成功130年記念事業の際に作成した動画です。)

問い合わせ先

教育部 エコミュージアムセンター
℡011-373-0188
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る