北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 住まい・引越
  4. 住宅ローン「フラット35」金利の優遇制度 

住宅ローン「フラット35」金利の優遇制度 

平成30年(2018年)7月17日(火)に北広島市と独立行政法人住宅金融支援機構は、「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型及び北広島市子育て世代マイホーム購入サポート助成金に係る相互協力に関する協定」を締結しました。

協定締結の際の協定書へ記入している写真協定締結式で握手している写真
 

この協定締結により、平成30年8月1日(水)から、北広島市における「子育て世代マイホーム購入サポート事業」の助成金申請者のうち、子育て世帯又は市外からの転入世帯である場合に、フラット35の借入金利が当初5年間0.25%引き下げられます。

金利優遇を受けられる要件

(1)【フラット35】子育て支援型(若年子育て用)

  • 「子育て世代マイホーム購入サポート助成金」の申請をする予定であること
  • 対象住宅への入居予定日(住民票の異動日)において50歳未満であること 
  • 平成26年(2014年)4月1日以後に対象住宅の取得に係る契約を締結していること
  • 対象住宅への入居予定日において18歳以下の子(胎児を含む)があること
  • 対象住宅に3年以上居住する予定であること
  • 対象住宅の登記簿上の所有者になる予定であること
  • 対象住宅に居住する全員に市税等の滞納がなく、暴力団員でないこと

(2)【フラット35】子育て支援型(UIJターン用)

  • 「子育て世代マイホーム購入サポート助成金」の申請をする予定であること
  • 対象住宅への入居予定日(住民票の異動日)において50歳未満であること
  • 平成26年4月1日以後に対象住宅の取得に係る契約を締結していること
  • 現在、北広島市外に居住していて、対象住宅へ転入する予定であること
  • 対象住宅に3年以上居住する予定であること
  • 対象住宅の登記簿上の所有者になる予定であること
  • 対象住宅に居住する全員に市税等の滞納がなく、暴力団員でないこと

必要な手続き

フラット35の金利優遇を受けるためには、ローンの借入れの契約までに、北広島市から「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」の交付を受け、お取り扱いの金融機関に提出するなど、必要な手続きがあります。
詳細につきましては、独立行政法人住宅金融支援機構又は市民参加・住宅政策室へお問い合わせください。
 

申請様式

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

問い合わせ先

市民環境部 市民参加・住宅施策課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分