北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 税金
  4. 固定資産税・都市計画税
  5. 平成30年度は土地と家屋の固定資産税の評価替え年度です。

平成30年度は土地と家屋の固定資産税の評価替え年度です。

1 固定資産税の評価替えとは 

 固定資産税は、固定資産の価値である「適正な時価」を課税標準として課税を行うものです。
 このため、本来であれば、資産価格の変動に応対して毎年度評価替えを行い、それを基に課税を行うことが理想的ですが、膨大な量の土地・家屋について毎年度評価を見直すことは事実上困難であり、コストを最小に抑える必要もあること等から、土地と家屋については3年間価格を据え置く制度、いいかえれば、3年ごとに価格を見直す制度がとられています。
 この価格を見直す年度を「基準年度」といい、平成30年度が基準年度となります。(前回の基準年度は平成27年度です。)

 

2 評価替えにおける評価の仕組み

 固定資産の評価は、土地、家屋及び償却資産それぞれについて、地方税法の規定により総務大臣が定めた「固定資産評価基準」に基づき行います。

 2-1 土地の評価

 土地の評価は、固定資産評価基準よって売買実例価額を基に算定した正常売買価額を基礎として、実地調査によって認定した現況地目別に評価します。
 宅地の評価では、市街化区域については、市街地宅地評価法(路線価方式)、市街化調整区域についてはその他の宅地評価法(標準地比準方式)により評価を行っており、地価公示価格、都道府県地価調査価格及び鑑定評価価格を活用して評価しています。
 地価公示価格、都道府県地価調査価格及び鑑定評価価格を確認されたい場合は、税務課資産税土地係までお気軽にお問い合わせください。

 2-2 家屋の評価

 家屋とは、一般には、住宅、店舗、事務所、病院、工場、倉庫等の建物をいいます。
 固定資産税の課税客体となる家屋は、不動産登記法の建物とその意義を同じくするものとされ、不動産登記規則では、「建物は、屋根及び周壁又はこれらに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものでなければならない。」とされています。
 家屋の評価額は、評価の対象となる家屋の評点数を求め、それに評点一点当たりの価額を乗じて評価額を算出します。
 評価の対象となる家屋の評点数は、木造家屋及び木造家屋以外の区分に応じ、まず、評価の対象となった家屋と同一のものを、評価の時点において新築するとした場合に必要となる建築費(再建築価格)を、屋根、外壁、天井等の部分別再建築費評点数を合計し、算出します。次に、そうして求めた再建築費評点数に時の経過によって生ずる損耗の状況による減点補正等を行い、評価の対象となった家屋の評点数を算出します。
 在来分の家屋に係る再建築費評点数は、原則として、前基準年度に適用した固定資産評価基準によって求められた再建築費評点数に、再建築費評点補正率を乗じて求めます。これに、損耗の状況による減点補正率を乗じて評点数を求め、この評点数に一点あたりの価格を乗じたものが評価額となります。この評価額と前年度の評価額を比較し、新基準年度の評価額が前年度の評価額を上回る場合は、前年度の評価額に据え置かれる措置が採られます。

 
  

3 土地価格等縦覧帳簿及び家屋価格等縦覧帳簿縦覧制度

 納税者の方は、自己の土地や家屋の価格と、北広島市内の他の土地や家屋の価格と比較できるようにするため、縦覧期間中に土地価格等縦覧帳簿(所在、地番、地目、地積、価格が記載されます。)、家屋価格等縦覧帳簿(所在、家屋番号、種類、構造、床面積、価格が記載されます。)を税務課の窓口で見ることができます。
 平成30年度の縦覧期間は、平成30年4月2日から平成30年5月31日までです。(手数料はかかりません。ご本人様確認できる書類(運転免許証等)などをお持ちください。)
 なお、自己の資産に係る固定資産課税台帳については、台帳の保存期間中(10年間)であれば上記の期間に関わらず閲覧することができます。平成30年度の固定資産課税台帳は、平成30年4月2日から閲覧することができます。

  
 

4 固定資産の価格に係る不服審査

 固定資産の内容について、お知りになりたい場合には、お気軽に税務課資産税係までお問い合わせください。
 固定資産課税台帳に登録された価格について不服がある場合は、固定資産評価審査委員会に審査を申し出ることができます。(価格以外の賦課処分等については、市長へ審査請求することができます。)
 平成30年度の価格に対する固定資産評価審査委員会への審査申し出期間は、平成30年4月2日から、納税通知書の交付を受けた後3か月までの間になります。(平成30年度の納税通知書は、平成30年5月初旬の送付を予定しています。)
 なお、基準年度(平成30年度)の価格を、平成31年度・平成32年度は原則据え置くことになるため、平成31年度・平成32年度の据置価格は、原則審査の申し出ができないことになっていますので、ご注意ください。
 
 

5 お問い合わせ先

 
土地に関すること           税務課資産税土地係 011-372-3311 内線3722
家屋に関すること           税務課資産税家屋係 011-372-3311 内線3721
固定資産評価審査委員会に関すること  税務課税務係    011-372-3311 内線3711

 

問い合わせ先

総務部 税務課
資産税土地係
電話:011-372-3311

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分