北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 健康・医療
  4. 咽頭結膜熱の流行について

咽頭結膜熱の流行について

北海道感染症発生動向調査による,第42週(平成29年10月16日(月)から22日(日))の定点あたりの「咽頭結膜熱」の報告患者数が,警報レベルの基準値(定点当たり3)を超えたことにより、 咽頭結膜熱のまん延を防止するため、警報が発令されました。
今後流行がさらに拡大する可能性がありますので、感染防止に努めるようお願いいたします。
 

咽頭結膜熱とは

アデノウイルスによる感染症で、プールを介して感染する場合は、プール熱とも言われます。
患者の使用したタオルの共用や手指を介した接触感染、飛沫感染でも発症します。
発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠感とともに、咽頭痛、結膜の充血、眼の痛みや涙が流れる、光がまぶしく感じる、眼脂(目やに)等の症状が3~5日続きます。
眼の症状は一般的に、片眼から始まり、その後もう一方の眼にも出現します。
 

咽頭結膜熱の予防について


患者との密接な接触を避け、流行時には、石けんで手洗いの上、消毒用エタノールや速乾性手指消毒薬を、すり込むようにして消毒します。
プールでは、水泳前後にシャワーでよく体を洗い流すことが大切です。
 

リンク集


※詳しくは、下記のリンク先をご参照ください。

*千歳保健所「咽頭結膜熱の流行について(警報)」(PDF 144KB)



 

問い合わせ先

千歳保健所
電話:0123-23-3175

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分