北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 住まい・引越
  4. 奨学金の返還を支援します(ふるさと奨学金返還支援補助金)

奨学金の返還を支援します(ふるさと奨学金返還支援補助金)

 北広島市に定住し、社会人生活をスタートさせる方の奨学金の返還額の一部を補助します。
 平成30年度(2018年度)に就職予定で補助を希望する学生の登録を募集します。
 ※募集人数30名(先着順)
 

ふるさと奨学金返還支援補助金リーフレット(PDF:397KB)
 

対象の奨学金

 独立行政法人日本学生支援機構の第1種学資貸与金と第2種学資貸与金
 

補助の金額等

 返還した奨学金の額(月1万円が上限)

  ※最大36か月(36万円)分の補助をします。
  ※奨学金を返還した年度の翌年度に補助をします。
 

補助の登録の対象となる方

次の全てに該当する方

  • 大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程に限る。)のいずれかに在学中であって、平成30年(2018年)3月に卒業予定の方(在学中に登録の申請が必要です。3月以外に卒業される方も対象になる場合がありますので、ご相談ください。)
  • 平成30年度(2018年度)に正規雇用による就職(公務員を除く。)又は起業をする意思がある方
  • 北広島市内に定住する意思がある方
     

申込み(登録の申請)

 平成29年(2017年)5月1日(月)から平成30年(2018年)3月30日(金)までの間に次の必要書類を市役所の企画課へ提出してください。持参が難しい場合は、特定記録により郵送で提出してください。
 提出された内容の審査後に、市から登録決定通知書を送付します。
 ※募集人数30名に達した時点で受付を終了します。
 
 
  1. 北広島市ふるさと奨学金返還支援補助金登録申請書(word:22KB)
  2. 奨学金の借入を証する書類(日本学生支援機構から発行を受けた返還誓約書本人控えや貸与奨学金返還確認票の写し、同機構による情報提供システム(スカラネット・パーソナル)の返還明細に関する画面をプリントアウトしたもの等)
     
  3. 在学証明書
     

  

補助の流れ

    大学等に在学中である平成29年度に登録の申請を行い、平成30年度に就職及び市内居住に係る状況の報告を市に対して行い、平成31年度に前年度に返還した奨学金に係る補助の申請を市に対して行い、平成32年度以降も同様の手続となるが、最大36か月分の補助金の交付となる説明の画像
1 登録の申請
  在学期間(卒業予定の年度)中に前述の登録の申請の手続

     矢印

2 状況の報告
 北広島市内に居住し、かつ、就職(公務員を除く。)又は起業をしたときは、次の必要書類を市役所の企画課へ提出
(1)北広島市ふるさと奨学金返還支援補助金登録者状況報告書(word:22KB
(2)大学等を卒業したことを証する書類(卒業証書の写し又は卒業証明書)
(3)就職又は起業したことを証する書類(雇用契約書の写し、税務署等へ提出した事業開始届の控え等)
(4) 奨学金の返還予定額を証する書類(貸与奨学金返還確認票)

※平成31年(2019年)3月31日までに必要な要件を満たさないときは、登録が取り消されます。

     矢印

3 補助申請
 各年度の4月から7月までの間に、前年度に返還した奨学金に係る補助を申請
 次の必要書類を市役所(企画課)へ提出
(1)北広島市ふるさと奨学金返還支援補助金交付申請書(word:22KB
(2)在職証明書
(3)住民票
※ (2)と(3)の書類は、各年度の4月1日以後に発行されたもの
(4)前年度に返還した奨学金の額を証する書類(日本学生支援機構が発行する入金一覧表)
 
 ※注意
 各年度の4月1日時点で次の要件の全てに該当している方でなければ、補助金の交付を受けることができませんので、ご注意ください。
ア 2の状況の報告をできることとなったときから継続して、北広島市内に居住し、かつ、就職又は起業をしている方であること。(事業主の都合による解雇、転勤等の事情が発生した場合は、ご相談ください。)
イ 奨学金の返還に滞納がないこと。 

     矢印

 補助金の交付
 

Q&A

  • 北広島市外からの定住でなければ対象になりませんか?回答→既に北広島市内に住んでいる方でも、今後も定住する意思があれば対象になります。
  • 各年度の4月1日時点で奨学金の返還が一部滞納となってしまいましたが、補助金を受けることができますか?回答→各年度の4月1日時点で滞納となっている場合は、対象外となりますので、特に3月の返還の際は、お気を付けください。
  • 奨学金の返還額が月1万円に満たないですが、補助金の交付額は、いくらになりますか?回答→前年度に返還した補助金の合計額が、補助の対象となる期間の月数×(かける)1万円に満たないときは、実際に返還した金額が補助金の交付額となります。

参考資料

問い合わせ先

企画財政部 企画課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分