北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 健康・医療
  4. 知っているようで知らないたばこの害について

知っているようで知らないたばこの害について

たばこの煙の有害物質

  たばこの煙の中には4,000種類以上の化学物質と60種類を超える発がん物質が含まれており、中でも有害性の高い物質はニコチン、タール、一酸化炭素です。

 たばこに含まれる有害物質 

ニコチン

タール

一酸化炭素

 依存性があるほか、血管収縮作用や胃酸の分泌促進作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こします。

 発がん性物質が多く含まれ、肺がんをはじめ身体各部位でがんを引き起こします。

 
 血管内皮を傷害して動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。また、酸素の運搬を妨害するため、持久力や作業能率が低下します。

たばこの害

喫煙は、肺がんや喉頭がんをはじめとする種々のがん、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、COPD(慢性閉塞性肺疾患)喘息、糖尿病、歯周病などの発症の要因となり、がんや心臓病、脳卒中などの死亡率を高めます。また、メタボリックシンドロームの発生リスクは、喫煙本数が多いほど高まるとの報告もあります。

妊娠や出産への影響としては、低出生体重児や流産、早産などの危険性が高くなります。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)をご存知ですか?

 息切れや慢性的な咳や痰に心当たりのある方はいませんか。COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、長期の喫煙習慣が主な原因とされ、年齢に伴う通常の変化以上に肺の機能低下が進む「肺の生活習慣病」と言われており、進行すると肺がんや呼吸不全、心不全にもつながります。禁煙することで発症を予防し、進行を止めることもできます。
 

受動喫煙を防止しましょう

たばこの煙には、喫煙者が吸い込む煙「主流煙」と、たばこの先から立ち上がる煙「副流煙」があります。副流煙には、主流煙よりニコチンは2.8倍、タールは3.4倍、一酸化炭素は4.7倍など、有害物質が多く含まれています。この副流煙を自分の意思とは関係なく吸いこんでしまうことを受動喫煙といいます。

 受動喫煙による健康への影響は、肺がん、狭心症や心筋梗塞、子どものぜんそくや気管支炎、肺炎などを引き起こします。また乳児では、乳幼児突然死症候群(SIDS)との関連があると報告されています
 

三次喫煙(サードハンドスモーク)をご存知ですか

三次喫煙(サードハンドスモーク)は、たばこの煙に含まれる有害物質が部屋の壁やカーテン、じゅうたんや家具の表面などに染み込んだ後、揮発し浮遊するものを吸い込むことです。煙の染み込んだ室内や、たばこを吸い終えた人の髪や衣類についたたばこ臭が、受動喫煙の新たなリスクとして懸念されています。

 

禁煙について

禁煙できないのは意思が弱いからだと思っていませんか。たばこの煙に含まれるニコチンには麻薬に劣らない依存性があります。やめられない喫煙はニコチン依存症が原因かもしれません。禁煙を継続するために、禁煙外来のある病院や、禁煙補助薬を活用するなど、ご自身にあった方法で禁煙に取り組んでみましょう。
 

関連リンク

厚生労働省「たばこと健康に関するページ」
厚生労働省 最新たばこ情報  
北海道のたばこ対策について

 

問い合わせ先

保健福祉部 健康推進課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分