北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. こんなときには?
  4. 市有建築物の耐震化について
  5. 市有建築物の耐震化の取組状況について

市有建築物の耐震化の取組状況について

 市では、大規模地震による被害の軽減を図るため「北広島市耐震改修促進計画(平成20年3月策定)」に基づき、住宅や建築物の耐震化を進めています。特に市が所有する公共建築物については避難所など防災拠点施設として災害時に重要な機能を果たす施設が多いことから、市民の皆様のご理解をいただくため、率先して耐震診断や耐震改修等を行い、耐震化に努めるとともに市有建築物の耐震化の現状等について公表いたします。 
 

1.公表対象

 北広島市が所有する建築物のうち、建築基準法の耐震基準の改正があった昭和56年以前に建設された多数の者が利用する建築物(耐震改修促進法第6条第1号に掲げる建築物で以下、「特定建築物」という。)などについて、大規模地震(震度6強~7程度)に対する耐震性能の有無を公表します。
 

2.耐震化の取り組み状況(平成29年3月末現在、棟数は構造別の表示)

 (1) 総括表

対象施設 施設数 建築物
棟数
A
耐震診断
実施棟数
B
耐震診断
実施率
B/A
耐震性が
確認された棟数
C
耐震改修
実施棟数
D
建築物
耐震化率
(C+D)/A
一般施設 22 27 23 85.1% 15 6 77.7%
学校施設 13 32 32 100.0% 11 21 100.0%
35 59 55 93.2% 26 27 89.8%
 

(2) 災害時等の施設区分別耐震化の取り組み状況

区分 施設数
対象
棟数
耐震診断
実施棟数
耐震性が確認された棟数 耐震改修実施棟数 備考
1.応急活動の拠点となる施設 5 5 3 1 1 市役所、消防庁舎
2.避難所施設 19 39 39 16 23
学校、保育園等指定施設
3.多数利用施設 7 8 7 6 0
地域会館・センター、共同住宅
4.その他の施設 4 7 6 3 3
クリーンセンター、葬斎場  等
35 59 55 26 27

 施設別耐震化の取り組み状況は次のとおりです。

  • 一般施設 22施設 27棟 別紙1(PDFファイル 158KB)のとおり
  • 学校施設 13学校 32棟 別紙2(PDFファイル 151KB)のとおり
  •   計    35施設・学校 59棟
            ※別紙1~2の凡例はこちら(PDF 86KB)を参照してください。

             解体除却により、施設数には変更があります。
 

3.市有施設の耐震化に向けた対応について

  • 耐震診断が未実施の施設については、今後、数年中に改築または用途廃止が具体化している施設などを除き、速やかに耐震診断を実施し、順次、結果の公表を行います。耐震診断の結果、耐震性能が確保されていないことが判明した施設は、耐震化の方針等を定め、北広島市耐震改修促進計画の計画期間(H20~27年度)において耐震化が図られるよう努めます。
  • 耐震化が図られるまでの間、災害時の拠点施設や不特定多数の方が利用する施設は、耐震性能と震災時における避難誘導のあり方などを施設ごとに検討し、対応いたします。

   ※「北広島市耐震改修促進計画」は、計画期間を平成32年度までとして今後計画内  見直しを行う予定で、更なる建築物の耐震化に努めていきます。

問い合わせ先

建設部 建築課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分