北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 上下水道
  4. お知らせ
  5. 乾燥汚泥肥料「あしるのめぐみ」の予約販売

乾燥汚泥肥料「あしるのめぐみ」の予約販売

 「あしるのめぐみ」は、下水を処理するときに発生する「下水汚泥」と、みなさんが分別して出された「生ごみ」や「し尿・浄化槽汚泥」を混合処理したものを乾燥し、緑農地に利用しやすい顆粒状にした下水汚泥肥料です。
 肥料取締法に基づき届け出を行い、農林水産省に普通肥料として登録しています。
 (農林水産省登録番号:生第80366号)
 

予約販売

・市民還元を目的に、毎年1回 3月に「あしるのめぐみ」の購入予約を受付け、4月に北広島市民を対象に予約販売を行っています。
・平成29年度の「あしるのめぐみ」の予約販売は、次のとおりです。

 ◆対   象 市内にお住まいの方
 ◆予約受付日時 3月1日(水)~31日(金)
             午前9時~午後4時(土・日曜・祝日を除く)
 ◆販売日時 4月16日(日)・17日(月)(いずれも午前9時~午後4時)
 ◆販売金額 9kg詰め1袋100円(1世帯10袋まで)
 ◆販売場所・申込み 下水処理センター(愛称「あしる」) 富ヶ岡916-2 電話 372-3752
 ◆下水処理センター位置図    位置図は  こちら  (pdf305KB) です 

肥料の名称

・昭和54年から「乾燥おでい」という肥料名でしたが、平成25年12月より「あしるのめぐみ」という名称にしました。
・「あしる」とは、アイヌ語で「新しい」または、「始まり」を意味することばです。
・当市の下水処理センターでは、全国的にも新しい取組みとして、下水汚泥に加えて生ごみや、し尿・浄化槽汚泥を混合処理しており、生産された肥料が、収穫の恵みとなることを願い、「あしるのめぐみ」と名づけました。

肥料袋のデザイン

・市民販売用袋(9kg)の、収穫を楽しむ親子をほほ笑ましく描いたデザイン(写真左下)は、道都大学美術学部デザイン学科・臼澤直人さんの作品です。
・PR用袋(1kg)の、野菜の芽を擬人化して農作物を作る楽しさが伝わるように描いたデザイン(写真右下)は、道都大学美術学部デザイン学科・小野寺諒さんの作品です。


                市民販売用袋(9kg)          PR用袋(1kg)
 

使用方法

・根からの吸収を促すため、土とよく混ぜてください。
・成分として、窒素とリン酸は適度に含んでいますので、レタス、白菜、キャベツ、ほうれん草、小松菜などの葉物野菜や、トマト、カボチャ、イチゴなどの実物野菜にご使用できます。
・大根やジャガイモなどの根物野菜には、カリウムを必要としますので、草木灰などでおぎなってご使用ください。
・散布は、一坪(3.3㎡)当り1kgを目安としてください。 ※一袋で約9坪(33㎡)に撒くことがでます。
 

主要成分 (平均測定値・現物量換算)

窒素全量 4.9%
リン酸全量 5.2%
カリウム全量 0.5%未満

  炭素窒素比  6


            乾燥汚泥肥料「あしるのめぐみ」

問い合わせ先

北広島下水処理センター
住所:富ヶ岡916-2
電話:011-372-3752

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分