北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 住まい・引越
  4. 空き家対策
  5. 北広島市空家等の適切な管理に関する条例が施行されました。

北広島市空家等の適切な管理に関する条例が施行されました。

4月1日から北広島市空家等の適切な管理に関する条例が施行されました。


条例制定の背景と目的
 

近年の少子高齢化や生活様式の多様化等により空家が増加し、国では、全国的に空家が急増している社会問題を受け、問題のある空家等を「特定空家等」と定義し、市町村が空家への立入調査を行ったり、指導、勧告、命令、行政代執行の措置を取れるように定めた『空家等対策の推進に関する特別措置法』(以下「特措法」という。)を制定し、平成27年5月26日に全面施行しました。

当市においても、冬期における空家からの道路等への落雪や、屋根材の剥離など周辺住民に危害を及ぼすような事案が出てきており、今後の空家等の増加に伴って適切な管理が行われていない空家等の増加も懸念されることから、空家対策を早急に講じていく必要性がでてきました。

このようなことから、本市においても、市民の良好な生活環境の確保と安全で暮らしやすいまちづくりを推進するため、空家等の適切な管理について必要な事項を定めた条例を制定しました。


空家等の適切な管理は、所有者等の責任です!
                        

空家等が管理不全な状態等で放置された結果、他人に損害や危害を
   与えた場合、その所有者等が賠償責任を問われることがあります。
 

所有者等の皆さんは、定期的に空家等の状況を確認し、危険な状態に
    ある場合は、早急に修繕や改修等をお願いします。また、敷地内除草
    や樹木の選定、屋根の雪下ろしを定期的に行うなど適切な管理を心が
  けてください。

                        長期に渡り空家にする場合は、不測の事態に備えて、ご近所の方に連
                                     絡先を伝えておきましょう。



特措法又は条例に基づく市の対応

市は、適切な管理が行われていない状態にある空家等(特定空き家等又は準特定き家等)の所有者等に対し、特措法及び条例に基づき、適切な管理に必要な改善措置を行うよう助言、指導を行います。特措法で定める特定空家等に該当し、所有者等がこれに応じない場合は、勧告、命令を行います。なお命令に応じず、放置することが著しく公益に反すると認められる場合には、市が代わりに必要な措置を行うことがあります。

「特定空家等」とは(特措法第2条第2項)

そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となる恐れのある状態又は著しく衛生上有害となる恐れのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にある空家等をいいます。

「準特定空家等」とは

【準特定空家等とは】 特定空家等に該当しない空家等であって、適切な管理が行われていないことにより、放置することが不適切である状態にある空家等をいいます。 
 

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分