北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. 救急・防災
  3. 防災
  4. 災害に備える
  5. 気象台から発表される特別警報、警報、注意報などについて

気象台から発表される特別警報、警報、注意報などについて

気象台では、大雨や強風などによって災害が起こるおそれのあるときは「注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときは「警報」を、さらに、重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときは「特別警報」を発表して注意や警戒を呼びかけます。
 

特別警報、警報、注意報などの持つ意味

特別警報

平成25年(2013年)8月から、警報の発表基準をはるかに超える豪雨等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に、「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼びかけます。
 

警報

「警報」とは、重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報です。
 

注意報

「注意報」とは、災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報です。
 

記録的短時間大雨情報

大雨警報が発表されているときに、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測、または解析したことを発表する情報です。
現在の降雨がその地域にとって希な激しい状況であることを周知するために発表します。
 

特別警報、警報、注意報の種類

「特別警報」は6種類(北広島市では4種類)、「警報」は7種類(北広島市では5種類)、「注意報」は16種類(北広島市では13種類)発表されます。

特別警報

大雨、暴風、暴風雪、大雪
北広島市では発表がないもの:波浪、高潮

警報

大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪
北広島市では発表がないもの:波浪、高潮

注意報

雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着雪
北広島市では発表がないもの:波浪、高潮、着氷
 

特別警報、警報、注意報が発表された際に取るべき行動

特別警報

  • 経験したことのないような異常な現象が起きそうな状況です。ただちに命を守る行動をとってください。
  • この数十年間災害の経験が無い地域でも、災害の可能性が高まっています。油断しないでください。
  • 市からの避難勧告等に従い直ちに避難所に避難して下さい。
  • 外出が危険なときは、家の中で少しでも安全な場所に移動しましょう。
  • 冷静な判断が大事です。周囲の状況に応じた行動をとって下さい。
  • 「特別警報が発表されない」は「災害が発生しない」ではありません。注意報、警報等を活用し、 早めの行動をとることが大切です。
避難する様子のイラスト助けを呼んでいるイラスト

警報

警報が発表された場合、災害の発生が予想されます。非常持出品、避難経路などご家族で確認して、万が一に備えましょう。
家族で確認し合うイラスト
 

注意報

大雨・洪水・強風などの注意報が発表されたら、天候や災害に関する情報をテレビ、ラジオ、インターネット等から収集して下さい。警報発表の可能性を知らせる場合もあります。
テレビやラジオから情報収集しているイラスト
 

特別警報の発表基準

種類 基準
大雨 台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合
暴風 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により暴風が吹くと予想される場合
暴風雪 数十年に一度の強度の台風と同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くと予想さ
れる場合
大雪 数十年に一度の降雪量となる大雪が予想される場合
※発表にあたっては、降水量、積雪量、台風の中心気圧、最大風速などについて過去の災害事例に照らして算出した客観的な指標を設け、これらの実況および予想に基づいて判断しています。
 

北広島市における警報、注意報などの発表基準

北広島市は府県予報区では「石狩・空知・後志地方」、一次細分区分では「石狩地方」、市町村等をまとめた地域は「石狩南部」に含まれます。
警報・注意報は、気象要素が基準に達すると予想された区域に対して、原則として個別の市町村を発表区域として発表されます。

警報の発表基準(抜粋)

種類 基準 数値
大雨
(浸水害)
表面雨量指数基準 ※1 14
大雨
(土砂災害)
土壌雨量指数基準 ※2 108
洪水 流域雨量指数基準 ※3 音江別川流域=6.4、裏の沢川流域=3.7
輪厚川流域=10.2、島松川流域=20.8
指定河川洪水予報による基準 石狩川下流〔石狩大橋〕、
千歳川〔裏の沢〕
暴風 平均風速 18メートル毎秒
暴風雪 平均風速 16メートル毎秒  雪による視程障害を伴う
大雪 降雪の深さ 平地:6時間降雪の深さ30cm
あるいは 12時間降雪の深さ40cm
山間部:12時間降雪の深さ50cm
 

注意報の発表基準(抜粋)

種類 基準 数値
大雨 表面雨量指数基準 ※1 9
土壌雨量指数基準 ※2 70
洪水 流域雨量指数基準 ※3 音江別川流域=5.1、裏の沢川流域=2.9
輪厚川流域=8.1、島松川流域=16.6
指定河川洪水予報による基準 千歳川〔裏の沢〕
強風 平均風速 13メートル毎秒
風雪 平均風速 11メートル毎秒   雪による視程障害を伴う
大雪 降雪の深さ 平地:12時間降雪の深さ20cm
山間部:12時間降雪の深さ30cm
融雪 70mm以上:24時間雨量と融雪量(相当水量)の合計
着雪 気温0度くらいで、強度並以上の雪が数時間以上継続

※1 表面雨量指数:短時間強雨による浸水危険度の高まりを把握するための指標
※2 土壌雨量指数:降った雨による土砂災害危険度の高まりを把握するための指標
※3 流域雨量指数:河川の上流域に降った雨により、どれだけ下流の対象地点の洪水危険度が高まるかを把握するための指標
 

記録的短時間大雨情報の発表基準

1時間雨量100mm

※警報・注意報発表基準については、一覧表(気象庁ホームページへリンク)も参照してください。

問い合わせ先

総務部 防災危機管理室 危機管理課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分