北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 健康・医療
  4. ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度

受給資格

子ども ひとり親家庭(母子家庭、父子家庭)および両親のいない家庭の18歳未満の方

18歳に到達した最初の3月31日まで対象

【18歳以上の特例】
18歳以上の子どもが母または父に扶養されている場合、20歳に達した月の末日まで助成対象となります。

母または父 上記の子どもを監護、または扶養している場合

父または母が重度の障がいのとき、ひとり親家庭に準じるものとして該当する場合があります。
 

助成の範囲

対象者 助成の内容
子ども 通院・入院及び指定訪問看護
母または父 入院・指定訪問看護

自己負担額

0歳から小学校就学前児童

初診で受診した場合の初診時一部負担金のみ(医科580円、歯科510円、柔道整復270円)
ただし、北広島市内の医療機関を受診した場合に限り、初診時一部負担金がかかりません。
 

小学生以上で市町村民税「非課税世帯」の方 

初診で受診した場合の初診時一部負担金のみ(医科580円、歯科510円、柔道整復270円)
 

小学生以上で市町村民税「課税世帯」の方

医療費の1割
 1か月の限度額:通院(平成30年7月診療分まで)14,000円 
            (平成30年8月診療分から)18,000円
            ※8月から翌年7月の年間限度額144,000円
 
      入院57,600円※多数回該当44,400円
 

基本利用料「訪問看護を受けた場合」

指定訪問看護療養費の1割
 1か月の限度額
   非課税世帯 8,000円
   課税世帯(平成30年7月診療分まで)14,000円
       (平成30年8月診療分から)18,000円
        ※8月から翌年7月の年間限度額144,000円
   なお、課税世帯の方の限度額は医療費と訪問看護利用料を合算します。
 

その他 

学校内でのケガ等により「日本スポーツ振興センター」から医療費が助成される場合は助成対象外となりますので、受給者証は使用しないでください。

保険対象外の費用(予防接種、健康診断書、薬の容器代、食事代など)は全額自己負担です。

特定医療費(指定難病)受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証・自立支援医療受給者証等をお持ちの場合は、そちらを優先して使用してください。親初の方(子のみ)で一部負担金が掛かった場合は、医療助成費の償還手続きをしてください。

受給者が道外で医療機関にかかったときなど、窓口で保険診療の自己負担分を支払った場合は、医療助成費の償還手続きをしてください。
医療費の申請について(PDF 106KB
 

所得制限について

生計維持者の所得が下記の表の額以上の場合、受給資格の対象となりません。詳しくは担当までお問合せください。
扶養人数
 所得限度額(円)
給与収入額の目安
0人
2,360,000円
3,725,000
1
2,740,000
4,200,000
2
3,120,000
4,675,000
3
3,500,000
5,150,000
※扶養親族1人につき所得38万円が加算されます。

申請について

必要書類

健康保険証、所得課税証明書(北広島市に1月1日現在、住民登録がない場合に必要です)、ひとり親家庭などであることを証明するもの(北広島市発行の児童扶養手当証書、戸籍謄本、遺族年金証書など)、在学証明書等(子どもの年齢が18歳以上の場合)

申請書

申請書はこちらからダウンロードできます
 
ひとり親家庭等医療費助成制度について(パンフレット)       

北広島市ひとり親家庭等医療費助成制度について(PDF 241KB
 

問い合わせ先

保健福祉部保険年金課医療給付スタッフ
電話 011-372-3311 内線 2102

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分