北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 健康・医療
  4. ノロウイルス等による感染性胃腸炎・食中毒にご注意を!

ノロウイルス等による感染性胃腸炎・食中毒にご注意を!


例年、冬期はノロウイルス等による感染性胃腸炎・食中毒が多発します。
特に昨年末から今年にかけて、ノロウイルスによる感染症・食中毒が多発しております。
手洗いを励行し、感染の防止に努めましょう。

ノロウイルスとは


ノロウイルスは、ウイルスの中でも小さく、球形をしたウイルスです。
感染した人の腸内で増殖し、ふん便や吐ぶつ中に排泄されます。


ノロウイルスによる感染について


患者のふん便やおう吐物、感染した方が調理して汚染された食品を食べることなどによって感染します。
主に、家庭や共同施設など、人同士の接触する機会が多いところで感染が広がります。
潜伏期間は1~2日で、おう吐や下痢、腹痛、軽い発熱などの症状が出ます。
感染しても症状の出ない場合があります。
ノロウイルスにはワクチンがありません。また、治療は輸液などの対症療法に限られます。
したがって、周りの方々と一緒に予防対策を行なうことが大切になります。


感染を広げないためには


①適切な手洗いを

手洗いのタイミングは、トイレ後、調理を始める前、料理の盛り付け前、食事前などです。

②次亜塩素酸ナトリウムによる消毒を

塩素系漂白剤を水で薄めた「塩素液」を活用しましょう。

※おう吐物など酸性のものと反応して、有毒ガスが発生する場合があります。必ず「使用上の注意」を確認してから使用するようにしてください。

③調理従事者の適切な健康管理を

調理に従事する方で、おう吐や下痢などの症状がある場合は、食品を直接取り扱う作業に従事しないでください。

リンク先

厚生労働省「リーフレット/手洗いの手順」…PDF形式[572KB]
厚生労働省「リーフレット/ノロウイルスによる食中毒」…PDF形式[406KB]
厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」…PDF形式[256KB]
北海道庁「ノロウイルスによる食中毒を予防しましょう」…PDF形式[0.99MB]

問い合わせ先

千歳保健所 健康推進課保健予防係・生活衛生課食品保健係
TEL:0123-23-3175

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分