北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. 救急・防災
  3. 消防・救急
  4. 火災予防
  5. 計画停電に伴う防火対策ついて

計画停電に伴う防火対策ついて

計画停電に伴う防火対策のお願い(事業所向け)

大規模停電が発生した場合や計画停電を実施した場合、電源が必要な消防用設備等が有効に機能しなくなったり、危険物施設の設備の停止に伴う火災や危険物の流出事故が懸念されているところです。
このことを踏まえ、下記を参考に自主的な防火管理や事故防止対策等を図られるようお願いいたします。

1.消防用設備等に関する事項

(1)消防用設備等が停電時に作動しない場合に備えた対応

非常電源の容量を超えて停電の時間が続くと見込まれる場合には、消防用設備等が作動しないおそれがあります。
  1. 消火器などの設置場所及び使用方法を再確認してください。
  2. 不活性ガス消火設備などの自動消火設備ついては、手動による放出操作手順を再確認してください。
  3. 施設の巡回を強化し、こんろその他火気使用器具などの火元の警戒を入念に行い、火災の早期発見に努めてください。
  4. 避難誘導の方法や避難経路を再確認してください。

(2)非常電源の機能の確保

消防用設備等については非常電源がついているものがありますが、本来は火災による停電の際に消防用設備等を作動させるためのものなので、計画停電による長時間の停電は想定していません。
そのため、次のことに留意する必要があります。
  1. 非常電源の稼働時間を事前に確認しておく必要があります。
  2. 非常電源として自家発電設備を用いている場合は、必要な燃料の確保に努めるとともに、常用電源復旧後に直ちに運転を停止(常用電源復旧時、自動的に運転を停止するものを除きます。)し、さらに燃料の補給、点検の実施などにより、火災時の機能に支障のない状態にする必要があります。なお、燃料が空となった後に燃料を補給した場合は、再び使用するために自家発電設備のエンジン部分の空気抜きが必要なものがあります。燃料タンクの減液警報が鳴動した際に自家発電設備を停止することやエンジン部分の空気抜きの方法を事前に確認してください。

(3)その他留意すること

誘導灯など停電時に警告音を発するものや、自動的に作動を開始するものがあることから、事前に停電時の動作状況及びその停止方法を確認するとともに、必要に応じて従業員や利用者に対する周知を図る必要があります。

2. 危険物施設に関する事項


(1)自家発電設備の点検や試運転における留意事項

自家発電設備の稼働に備えた関連設備の点検や試運転を行う場合は、発電設備のサービスタンク、配管等の損傷、漏油等が発生しないことを確認してください。

(2)プラント等における安全対策

停電による冷却機能等の停止に伴い、プラント工程に異常が発生する可能性があることを踏まえ、制御電源を確保するとともに、プラントの緊急停止等に係る手順について再確認しておく必要があります。    

(3)消防用設備等の留意事項

危険物施設の消防用設備等についても、上記1.と同様の対応をする必要があります。


3. その他の一般事項


(1)火気管理の徹底
    
施設の所有者等は、火気の使用は十分に注意して行うことなど、火災の発生防止に努めるよう、従業員や利用者その他の関係者に対して周知を図る必要があります。また、電気こんろや電子レンジ等の電気機器の使用中に停電した際には、再通電火災の発生防止の観点から、スイッチを切る等の措置を講じる必要があります。

(2)119番通報体制の確保

IP電話やFAX機能付き電話の一部の電話機では、停電時に使用不能となるものがあるので、使用できない場合は、携帯電話等で通報してください。

(3)避難経路等の確保

停電時、電気錠が設けられた扉、自動ドア等が機能を失って通行不能となるおそれがあることから、避難経路及び消防隊進入経路を確認し、通行ができるよう対策を講じる必要があります。

(4)停電前におけるエレベーターや遊具等の使用制限

停電時に停止する電気を動力源とするエレベーターや遊具等については、計画停電実施予定時間前にその使用を制限する必要があります。

問い合わせ先

消防本部 予防課

電話 011-373-9119

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分