北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. 救急・防災
  3. 防災
  4. 風水害
  5. 万が一に備えて (風水害から身を守るために)

万が一に備えて (風水害から身を守るために)

災害が起きたときに備えて、日頃から万全の対策をたてておきましょう。

日頃の備え/大雨・台風が近づいたら・・・

  • 水の流れをスムーズにするために、排水溝(下水溝)のゴミや泥を取り除いておきましょう。
  • 竜巻や台風に備え、トタンのめくれ、アンテナ、窓ガラスなどの状況を確認し、不備な箇所は補強しておきましょう。また、植木鉢など飛びやすいものは室内にしまいましょう。
  • ハザードマップに示された洪水時の避難場所を確認しておきましょう。また避難場所までの道順も確認しておきましょう。
  • 停電に備え、懐中電灯、携帯ラジオ、予備の電池を準備しておきましょう。
  • テレビやラジオ、インターネットなどから最新の気象情報を入手しましょう。 

 
家の外観チェックイメージ家の外観チェックイメージ2
 

避難勧告等の種類ととるべき行動

河川はん濫の恐れや土砂災害の恐れなど、危険な状態になったときは、市から避難準備情報、避難勧告、避難指示を発令します。
 

避難勧告の種類と行動
情報の種類 呼びかけの内容 状況 皆さんの行動
避難準備情報 避難の準備をしてください。 人的被害が発生する恐れが高い。 いつでも避難できるように準備をしましょう。
※高齢者や障がい者、子供など、避難に時間がかかる方は避難を始めてください。
避難勧告 避難勧告が出されました。洪水の恐れがあります。避難を始めてください。 人的被害が発生する恐れが明らかに高い。
※避難が必要な段階です。
指定された避難場所へ向かいましょう。
避難指示 避難指示が出されました。洪水の危険が迫っています。直ちに避難してください。 人的被害が発生する恐れが非常に高いか、すでに発生している。 すぐに、指定された避難場所へ向かいましょう。
※そのいとまがない時は、建物の高い所へ移動しましょう。
 

避難の心得

  • ラジオ、テレビ等で気象情報を確認し、最新の災害情報の入手に努めましょう。
  • 市役所や警察署、消防署からの避難の呼びかけに注意しましょう。
  • 避難前には必ずガスや電気、火種を消したかを確認しましょう。また、ハザードマップに示された避難場所と道順を確認しておきましょう。
  • 避難の際は、警察署や消防署、地元の責任者等の指示に従って行動しましょう。
  • できるだけ一人での避難は避け、複数人で行動しましょう。また車での避難は、交通渋滞や緊急車両の通行を妨げる可能性がありますので、できる限り徒歩で避難しましょう。
  • 避難路には高い場所にある道路を選び、浸水箇所では溝や水路に注意しましょう。
  • 近所の子供や高齢者、傷病者の避難には積極的に協力し、早めの避難を促しましょう。
  • 安全に避難するために浸水が始まる前に避難しましょう。なお、万が一、避難に遅れ、危険が迫ったときは、近くの丈夫な建物の高層階に逃げましょう。また、山や崖がある場合は、山や崖から離れた部屋に逃げましょう。


 避難の心得に関するイラスト1避難の心得に関するイラスト2 避難の心得に関するイラスト3避難の心得に関するイラスト4
 

風水害の基礎知識

1時間雨量と降り方

10mm~20mm(1時間雨量)

  • 気象庁の予報用語 やや強い雨
  • 人の受ける感覚 ザーザーと降る
  • 災害発生状況 長雨になる場合は警戒が必要
1時間雨量10mm〜20mmのイメージ

20mm~30mm(1時間雨量)

  • 気象庁の予報用語 強い雨
  • 人の受ける感覚 どしゃ降り
  • 災害発生状況 側溝や下水、小川があふれ、小規模な崖崩れの恐れがある
1時間雨量20mm〜30mmのイメージ

30mm~50mm(1時間雨量)

  • 気象庁の予報用語 激しい雨
  • 人の受ける感覚 バケツをひっくり返したように降る
  • 災害発生状況 バケツをひっくり返したように降る 山崩れや崖崩れがおきやすくなる。都市部では下水管から雨水があふれる
1時間雨量30mm〜50mmのイメージ

50mm~80mm(1時間雨量)

  • 気象庁の予報用語 非常に激しい雨
  • 人の受ける感覚 滝のように降る
  • 災害発生状況 マンホールから水が噴出する。中小の河川がはん濫し、多くの災害が発生する可能性がある
1時間雨量50mm〜80mmのイメージ

80mm以上(1時間雨量)

  • 気象庁の予報用語 猛烈な雨
  • 人の受ける感覚 息苦しくなるような圧迫感がある
  • 災害発生状況 雨による大規模な災害発生の恐れがある
1時間雨量80mm以上のイメージ

風速と被害の程度

平均風速10メートル毎秒~15メートル毎秒

  • 気象庁の予報用語 やや強い風
  • 人への影響 風に向かって歩きにくくなる
  • 屋外・樹木の様子 樹木全体が揺れ始める。電線が揺れ始める
  • 建造物等の様子 樋(とい)が揺れ始める
風速10メートル毎秒~15メートル毎秒のイメージ

平均風速15メートル毎秒~20メートル毎秒

  • 気象庁の予報用語 強い風
  • 人への影響 風に向かって歩けなくなり、転倒する人もいる
  • 屋外・樹木の様子 電線が鳴り始める
  • 建造物等の様子 看板やトタン板が外れ始める
風速15メートル毎秒~20メートル毎秒のイメージ

平均風速20メートル毎秒~30メートル毎秒

  • 気象庁の予報用語 非常に強い風
  • 人への影響 何かにつかまっていないと立っていられない
  • 屋外・樹木の様子 細い木の幹が折れたり、根の張っていない木が倒れ始める
  • 建造物等の様子 ビニールハウスのフィルム(被覆材)が広範囲に破れる
風速20メートル毎秒~30メートル毎秒のイメージ

平均風速30メートル毎秒以上

  • 気象庁の予報用語 猛烈な風
  • 人への影響 屋外での行動は極めて危険
  • 屋外・樹木の様子 多くの樹木が倒れる。電柱や街灯で倒れるものがある
  • 建造物等の様子 屋根が吹き飛ばされたり、鉄骨構造物で変形するものがある
風速30メートル毎秒以上のイメージ
※平均風速は10分間の平均です。最大瞬間風速は、平均風速の1.5倍程度になることが多いですが、大気の状態が不安定な場合等では3倍程度になることもあります。

問い合わせ先

総務部 防災危機管理室 危機管理課
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分