北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 税金
  4. 固定資産税・都市計画税
  5. 省エネ(熱損失防止)改修工事を行った住宅に対する固定資産税の減額について

省エネ(熱損失防止)改修工事を行った住宅に対する固定資産税の減額について

 平成20年度の税制改正により、一定の省エネ(熱損失防止)改修工事を行った場合、既存住宅に係る固定資産税の減額制度が創設されました。
 

減額される範囲及び税額

 改修工事が完了した翌年の1月1日を賦課期日とする年度分の家屋の固定資産税に限り、住宅の床面積120平方メートル分までを限度に3分の1(平成29年度に熱損失防止改修を行い、長期優良住宅に該当することとなった場合は3分の2)が減額されます。
※新築住宅、耐震改修の減額制度と同時には適用されません。(熱損失防止改修によって長期優良住宅に該当することとなった場合を除き、バリアフリー改修による減額制度は、同時に適用されます。)
 

対象となる家屋と工事の要件

対象家屋
  • 平成20年1月1日以前から北広島市に所在し、改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上であるもの(自身が所有し、賃貸住宅でないものに限る)
工事要件
  • 平成20年4月1日から平成30年3月31日までに工事が行われたものであり、次の工事で、補助金等を除く工事費用が50万円を超えるもの
  1. 窓の改修工事(二重サッシ・複層ガラス化など)
  2. 窓の改修工事と併せて行う天井や床、外壁の断熱改修工事
 

手続き方法

 工事完了後、3カ月以内に下記の書類を添付して、資産税家屋係に申告してください。
 
必要書類 発行部署
1 熱損失防止(省エネ)改修工事に伴う固定資産税減額申告書(Word35キロバイト)

長期優良住宅の場合
特定熱損失防止(省エネ)改修工事に伴う固定資産税減額申告書(Word35キロバイト)

※申告書には個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。
※3ヶ月以内に提出できなかった場合は申告遅延理由書(Word26キロバイト)も併せて提出してください。
市役所税務課
2 長期優良住宅に係る認定通知書などの写し(長期優良住宅に該当することとなった場合のみ) 市役所建築課
3 現行の省エネ基準に適合した工事であることを証明する増改築等工事証明書(Word86キロバイト) 建築士など
4 領収書の写し 工事を行った業者
5 工事明細書または見積書の写し
(省エネ改修工事の内容や費用が確認できるもの)
6 改修箇所の図面の写し

問い合わせ先

総務部 税務課
資産税家屋係
電話:011-372-3311

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分