北広島市ホームページ ここから本文です。

49.共栄小・中学校

新・博物史 きたひろしまMAP (49) -広報きたひろしま2005年1月号掲載-

地図(イメージ)共栄小・中学校の記憶

『共栄から共生へ』共に学び、共に生きる


共栄276番地15にフレンドリーセンターがある。この建物は、障がいがある子供たちの学びやとして、昭和47年に建設されたものである。
昭和46年10月1日号の広報によると「現在まで東部中学校の旧校舎を利用していましたが、今年あらたに共栄小・中学校として建設することになり、1月中には完成します」と伝えている。
昭和54年には、札幌養護学校の分校として北海道に移管され、平成8年の新校舎が建設されるまでの間、子供たちに愛され親しまれてきた。
 平成3年から6年までの4年間、青年団体協議会が多くの市民の協力を得ながら開催した「はんかくさい」などの活動を通して集められた1千万円で備品類などを整備し、12年、ノーマライゼーション機能と生涯学習機能を兼ね備えたフレンドリーセンターがオープンした。
ここでは、障がい者と健常者がふれあい、交流しながら、陶芸教室やレクリエーション活動などが行われ、共に学ぶ活動が広がってきている。
子供たちの成長を見守り続けて33年を迎えるこの建物は、今日も温かなまなざしで地域を見つめている。

「写真:現在の北広島市フレンドリーセンター」
写真:現在の北広島市フレンドリーセンター

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分