北広島市ホームページ ここから本文です。

3.古い金庫(中央公民館)

新・博物史 きたひろしまMAP (3) -広報きたひろしま2001年2月号掲載-

地図鋼鉄製の歴史記憶装置

村から町へ、役場で使われた金庫


朝日町5丁目1番地にある中央公民館のロビーに、大きな古めかしい金庫が置いてある。どうしてこんな所に金庫があるのだろうかと不思議に思い、調べてみた。

市役所出納課によると、この金庫は広島村役場(現在の市役所第3庁舎の場所に東向きに建てられていた)で使われ、町制施行の昭和43年に現在の市庁舎が完成してからも出納室で使われたもの。ところが昭和50年の暮れに金庫破りが進入し、中身の盗難には至らなかったが金庫を壊されてしまった。そのため役場の金庫は新調され、受難の金庫は中央公民館のロビーに移されて今日までずっと同じ場所に保管されているのだという。

北広島市が村から町へと発展してきた激変の日々を、この金庫は役場の一室からずっと見つめ続けてきたのである。今は中央公民館のロビーで午後の日差しを背に受けて静かにたたずんでいるが、そのどっしりとした形や龍の装飾を施した商標は、村・町の金庫として財産を守ってきたという自負を感じさせる。

その扉を開ける方法を知る人は少ない。だが、昭和30年から40年代ごろのまちの歴史記憶装置と見なせば一度は開けてみたいものだ。白い煙が出て記憶を失うという説もあるのだが。


写真:役場で使われた金庫

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分