北広島市ホームページ ここから本文です。

19.旧道の名残(千歳川)

新・博物史 きたひろしまMAP (19) -広報きたひろしま2002年6月号掲載-

地図川面に残像を求めて

千歳川に旧道の名残りを見る


国道274号を長沼町へ向かうとき、千歳川を渡る千歳川橋。この橋は、かつて現在位置よりも上流にあった。今では両岸から橋に続いていた道筋だけが残され、かつての橋と道の記憶を伝えている。

広島町のあゆみ(昭和43年刊)によると、昭和16年に道道札幌夕張線(現在の国道274号の一部)が開通。長沼町へ行くには、共栄の交差点から現在の道道江別恵庭線の共用部分を南下し、北広島交番の手前を左折して輪厚川の右岸を東へ進んだ。その先に、千歳川を渡る木造の千歳川橋が架けられたという。

この橋の完成を祝う式典には、長沼・広島両村から3世代の家族が招かれ、渡り初めをしたという話を伝え聞く。

やがて昭和33年11月にコンクリート製の橋に架け替えられたのだが、近年、国道の切り替えにより現在の位置に移ったのである。

初夏の午後、長沼町の河川敷から北広島市を望む。近代の河川改修は古い橋脚も残さず、河川を無機的な形にした。だが自然はそこに優しい風景を取り戻さずにいられない。岸の茂みに渡り鳥が羽を休め、川面に水鳥が遊ぶ。

とうとうと流れる千歳川に輪厚川が合流する辺り。そこに眠る昭和史の断片。見上げる空はただ広く、そして美しい。


「写真:千歳川越しに旧道の名残りを望む」
写真:千歳川越しに旧道の名残りを望む

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分