北広島市ホームページ ここから本文です。

緊急通報システム

急病や事故などの緊急事態をボタン一つで知らせることのできる緊急通報装置をお貸しします。
 

装置の概要

ご自宅の固定電話機の横に取り付ける装置本体とペンダント型無線発信機(範囲は自宅の中のみ)を貸し出します。煙・熱・ガスセンサーも併せて取り付けることもできます。
※設置できる回線の種類によっては、取り付けできない場合がございます。
(ISDN、KDDI、光回線等は使用できません)
 

対象

次のいずれにも該当する方
  1. 65歳以上の高齢者または身体障がい者(身体障害者手帳1級または2級)の方
  2. 持病のある方や健康上に不安のある方であり、日常生活に支障のある方
  3. 近隣にお住まいの緊急協力員を2~3人確保できる方
  4. 一人暮らしの方

『緊急協力員』の役割

緊急通報装置を設置している方が、装置のボタンを押して24時間体制の受信センターに通報があった際に、受信センターから緊急協力員にお電話がありますので、緊急通報装置設置者宅へ出向いて対応を図っていただきます。
 

費用

緊急通報装置の設置の際に所得に応じた自己負担があります。(0円~5,000円)
その他、装置の設置費、撤去費、保守点検費、電池交換費等は市が負担します。
 

申請方法

下記『申請書』を市高齢者支援課まで提出してください。

担当ケアマネジャー、各地区高齢者支援センターの代理申請が可能です。
上記の方がいない方につきましては、下記担当までご相談ください。

DOC申請書 (57.0KB)

問い合わせ先

保健福祉部 高齢者支援課
高齢者福祉担当(内線2172)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分