北広島市ホームページ ここから本文です。

健診項目と判定方法について

国保30歳代健診の健診項目
 

全員実施
(北広島市独自)

○ 問診(質問票等) ○ 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
○ 診察 ○ 尿検査(尿糖、尿蛋白) ○ 血圧測定
○ 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
○ 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
○ 血糖検査(空腹時血糖、HbA1c)
○ 腎機能検査(尿酸、クレアチニン、eGFR、尿潜血)
○ 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
○ 安静時心電図検査
 


 

特定健診の健診項目


国で定められた基本的な項目の他に、北広島市独自で行う項目(追加項目)を受けることができます。

全員実施 基本的な項目 ○ 問診(質問票等) ○ 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
○ 診察 ○尿検査(尿糖、尿蛋白) ○ 血圧測定
○ 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
○ 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
○ 血糖検査(空腹時血糖、HbA1c)
追加項目
(北広島市独自)
○ 腎機能検査(尿酸、クレアチニン、eGFR、尿潜血)
○ 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値) 
○ 安静時心電図検査
詳細な健診 ※①
または選択項目 ※②・③
○ 眼底検査
  ※① 国の基準に合致した者
  ※② 医師の指示があった者
  ※③ 希望者

特定健診後の二次健診

特定健診の結果、肥満、血圧、血糖、脂質の数値が一定の基準に該当する方に、市からご案内します。

《健診項目》
  • 75g糖負荷検査 → 75gのブドウ糖を飲み、血糖値とインスリンの出方を見る検査です。
  • 微量アルブミン尿検査 → 尿中のたんぱく(アルブミン)量を調べる検査です。
  • 頸動脈超音波検査 → 頸動脈の血管の壁の厚みやつまり具合を調べる検査です。
 


判定方法(国保30歳代・特定健診共通)


結果は、★メタボリックシンドローム判定基準に基づいて、「基準該当」「予備群該当」「非該当」のいずれかに判定されます。
イラスト

★メタボリックシンドローム判定基準
【判定方法】 腹囲に加えて、3項目(血圧、脂質、血糖)のうち、
・2項目以上該当 → 「メタボリックシンドローム基準該当」
・1項目該当    → 「メタボリックシンドローム予備群該当」
・該当項目なし   → 「非該当」
腹囲
男性85cm以上
女性90cm以上
血圧 a 収縮期130mmHg以上
b 拡張期85mmHg以上
c 高血圧で服薬中
脂質 a HDLコレステロール40mg/dl未満
b 中性脂肪150mg/dl以上
c 低HDL血症、高中性脂肪血症で服薬中
血糖 a 空腹時血糖110mg/dl以上
b HbA1c(NGSP値)5.9%以上
c 糖尿病で服薬中
各項目について、それぞれa・b・cの1つ以上に該当するときは「1項目該当」とします。

問い合わせ先

保健福祉部 健康推進課(内線 1221・1222)
電話:011-372-3311(代表)

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分