北広島市ホームページ ここから本文です。

  1. トップページ
  2. 救急・防災
  3. 消防・救急
  4. 救急
  5. 身につけよう心肺蘇生法

身につけよう心肺蘇生法

みなさんの大切な方を守るためにも、心肺蘇生法を身につけましょう。
 

反応を確認する

反応の確認
  • 周囲の安全を確認してから、傷病者に近づきます。
  • 傷病者の耳元で「大丈夫ですか」または「わかりますか」と大声で呼びかけながら、肩を軽くたたき、反応があるかないかを確認します。

     

助けを呼ぶ

助けを呼ぶ
  • 反応がなければ、大きな声で「誰か来てください。人が倒れています。」と助けを求めます。
  • 協力者が来たら「あなたは119番通報してください。」「あなたはAEDを持ってきてください。」と具体的に依頼します。


     

呼吸の確認

呼吸の確認
  • 傷病者のそばに座り、10秒以内で胸から腹部の上がり下がりをみて、普段どおりの呼吸をしているか確認します。気道確保は不要です。
  • 胸や腹部の動きがない場合や、しゃくりあげるような途切れ途切れに起きる呼吸(死戦期呼吸)が見られる場合は、「普段どおりの呼吸なし」と判断します。


     

胸骨圧迫(心臓マッサージ)

胸骨圧迫(心臓マッサージ)
 
  • 呼吸がなければ、ただちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始します。胸の真ん中(胸骨の下半分)を、「強く、速く、絶え間なく」圧迫します。
  • ひじをまっすぐの伸ばして、手のつけ根部分に体重とかけ、重ねた両手で傷病者の胸が少なくとも5センチ沈むほど絶え間なく圧迫します。
  • 1分間に少なくとも100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。
  • 小児に対しては、両手または片手で、胸の厚さの約3分の1が沈むほど強く圧迫します。
圧迫位置手のつけ根

 


 

人工呼吸(省略可能)

 
  • 30回の胸骨圧迫終了後、口対口人工呼吸により息を吹き込みます。 人工呼吸
  • 片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先にあて、あごを引き上げながら頭を後ろにのけぞらせ、気道を確保します。
  • 気道を確保したまま、指で鼻をつまみます。
  • 大きく口を開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を約1秒かけて吹き込みます。
  • 胸の動きを確認して、さらに1回吹き込みます。
  • 人工呼吸を行うことがためらわれる場合には、人工呼吸を省略して胸骨圧迫のみを続けます。
     

心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)の継続

 
  • 胸骨圧迫30回と人工呼吸を2回の組み合わせを、救急隊に引き継ぐまで続けます。
  • 救助者が2人以上いる場合は、2分間程度を目安に、胸骨圧迫の役割を交代するのが良いでしょう。
  • 心肺蘇生を中止するのは、救急隊に引き継いだ場合と、心肺蘇生を続けているうちに傷病者が目を開けたり、普段どおりの呼吸をし始めた場合です。
 

AED(自動体外式除細動器)が到着したら

 
  • AEDを持ってきてくれた人がAEDを使用できる場合は、その人にAEDを使用してもらい、自分は心肺蘇生を継続します。
  • AEDを持ってきてくれた人がAEDを使用できない場合は、心肺蘇生を一時中断して自分でAEDを使用してください。

   AEDの取り扱い方法はこちら
 
                                       画像協力「財団法人日本防火協会」

問い合わせ先

消防署 救急指令課
電話 011-373-2322

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分