北広島市ホームページ ここから本文です。

ごみ処理の流れ

市民の皆さんが分別し、排出しているごみ・資源物は下のフロー図のように処理されています。

ごみ処理の流れ

資源ごみ

JPG資源ごみの処理の流れ (43.7KB)
資源ごみ処理の流れのフローチャート
  • プラスチック製容器包装、紙製容器包装、瓶・缶・ペットボトル、紙パック・段ボール・新聞紙・雑誌、有害ごみ(蛍光管など)の5つに分類し回収します。   
  • それぞれ選別処理を行い、プラスチック包装容器、紙製容器包装、瓶・缶・ペットボトルについては圧縮・梱包の後、再商品化業者が処理を行います。
    • プラスチック包装容器は 再生プラスチック、ボイラー燃料など
    • 紙製容器包は 段ボール、家畜敷料、固形燃料など
    • びんは原材料、路盤材
    • 缶はアルミ製品、鉄鋼
    • ペットボトルは繊維に生まれ変わります。
    • 紙パックや段ボールは資源業者が回収した後、トイレットペーパーや断熱材、板紙などになります。
    • 有害ごみは委託処理により、亜鉛、マンガン、水銀、ガラスなどに再生します。

その他のごみ

JPGその他のごみの処理の流れ (7.5KB)
その他ごみ処理の流れのフローチャート

資源ごみ以外の普通ごみ・粗大ごみは破砕処理の後埋立処理されます。
破砕しないごみ、危険ごみはそのまま埋立処理されます。

問い合わせ先

市民環境部 環境課
電話 011-372-3311 内線4102・4105

〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話 011-372-3311(代表)
開庁時間:平日の8時45分~17時15分